1人1人の希望を実現しようと動いてくれる会社

O.C

2018年1月入社

国際基督教大学卒業後、
私立女子高の英語教員を経て、
Monash University 大学院(オーストラリア)に留学。
2018年1月にアジアインワン入社。
入社後はバイリンガルITサポート事業部に配属。
外資系製薬会社向けバイリンガルITサポート業務を担当している。

人によって研修プランを変えてくれるのが良いところだなと思いました。

人によって研修プランを変えてくれるのが良いところだなと思いました。

私は大学卒業後、4年間学校機関で働き、その後海外の大学院で2年間学んで、今この会社にいるので、
新卒というわけではないのですが、初の会社員(OL)という意味では新鮮な一年だったかなと思います。
アジアインワンは、人によって研修プランを変えてくれるのですが、
私はある程度社会人経験があったので、その分IT分野の研修を重点的に学ばせてもらいました。
そういうフレキシブルに対応してくれるのも良いところだなと思いました。

入ってからが勝負だなって思います

ITに関する仕事は、大学の時に授業でエクセルやワード、タイピングなどについて習ったくらいで、
社会人としてはやったことがなかったので、最初すごく不安で出来るかなって思ったんですけど、
社長が面接のときに「大丈夫だよ」って言ってくれました。
その時は本当かどうか疑問だったのですが笑。。
研修の際は、取締役の林さんからみっちり、基本的な部分を広く浅く教わりました。
あとはやっぱり各現場で求められていることがそれぞれ違うので、入ってからが勝負だなって思います。
私の場合、幸い入った現場もすごくサポートしてくれました。
最初は誰しも大変だし、分からないことも多いと思うのですが、
半年くらい経ってからは、少しだけ余裕も出来てきて、楽しめるようになりました。

社長と直接LINEできるっていうと、みんなに驚かれます笑

それぞれが違う現場に毎日行っているので、普段はなかなか会う機会がないのが少し寂しいのですが、
その分、あったときに色々と情報共有しています。
去年からはイベントもすごく活発になって、走ったり、自転車に乗ったり、この間はボードゲームをやったりとか、
いつも一緒にいるわけじゃないからこそ、そういう機会を積極的に作って集まると、とても楽しいですね。
参加も強制じゃないので気軽ですしね。

今後は、入社してそろそろ1年経って余裕が出てきたので、会社のことに自分が積極的に関わっていければと考えています。
あとは今までは現場の内容だけで精一杯だったのですが、今後はITの勉強もしていきたいなと思っています。
また、1人1人の希望をなるべく実現しようと動いてくれる体制があるのが良いなと思います。
同じ現場にデザインが好きな子がいて、その子がキャリアのことで会社に相談した時に、
会社のロゴを作る仕事に携わらせてくれたりとか。
大きな会社の一部の部署で、やることが決まっているというカチカチした感じじゃなくて、
今の規模と風土で出来ることがあるので、そういうのがすごく魅力的だと思います。
やはり社長や取締役の距離が近いので、何か気になることがあれば、直接連絡できるのはうれしいですね。
社長と直接LINEできるっていうと、みんなに驚かれます。

全ての社員インタビューを見る

ページトップへ